家にある電子レンジオーブンで生地も手作りの2種類のピザ作ってみました。
一つめは、アスパラとベーコンのビスマルクになります。
もう一つは、シンプルなマルゲリータを作りました。

ピザ生地は、砂糖を気持ち多めに入れることで甘みのあるピザ生地になります。
塩味のある具材との相性が良いピザ生地です。

まずは、ピザ生地のレシピの紹介です。

 

◯ピザ生地(2人前)

材料 (2人分)
☆強力粉 200g
☆薄力粉 100g
☆オリーブオイル 小さじ2
☆塩 2g
☆砂糖 大さじ1
水 140cc

 

1. ボウルに☆を加えて、均一になるまで混ぜた。
2. 水を少しずつ加えてながら、粉が周りにある程度で良いので混ぜ合わせてから20分放置した。
3. 再度全体を混ぜ合わせて、丸くしてから30分置いた。
4. 生地を伸ばし棒を使って円形に伸ばしたら完成。

 

◯アスパラベーコンのビスマルク(1人前)
ベーコンの塩味とアスパラガスの甘みの相性の良いピザです。

 

材料 (1人分)
ホワイトアスパラ 2本
ベーコン 80g
モッツァレラチーズ 100g
卵 2個
塩 少々
胡椒 少々
オリーブオイル 10cc

ピザ生地(1人前)

 

◯作り方
1. ホワイトアスパラの下部をピーラーで皮を剥き、縦半分にしてから4等分にして、30秒程度熱湯で茹でた。
2. ベーコンは5mmの細切りにしてから中火で3分焼いた。
3. 温泉卵は、クックパッドの記事(https://cookpad.com/recipe/445380)を参考に作っておいた。
4. 上記の一人分のピザ生地の上にベーコン・ホワイトアスパラ・モッツアレラチーズを並べて、250度で13分焼いた。
5. 塩・胡椒を振り、オリーブオイルをかけて、温泉卵を乗せたら完成。

 

◯感想3☆3.5点
ベーコンに塩味があったので、塩を振らなくても良かったと思いました。
ホワイトアスパラガスは甘みがあり、モッツアレラチーズは焼くことでちょうど良い歯応えがありました。
温泉卵は、茹で過ぎてしまって少し固まってしまいましたが、ベーコンの塩味をよりマイルドにしてくれて、加えて良かったなと思いました。
卵が少し茹で過ぎたことと塩が少し強かったので、反省も踏まえて次もチャレンジしてみようと思います。

 

◯マルゲリータ(1人前)

トマトとモッツァレラチーズ のシンプルなマルゲリータです。
食材のおいしさをそのまま味わえます。

 

◯材料 (1人分)
トマト 3個
モッツァレラチーズ 100g
バジル 3枚
塩 少々
ピザ生地(1人前)

 

◯作り方
1. トマト3個を10秒茹でて、冷水で冷やした後皮を向いた。
2. トマト2個を角切りにして、オリーブオイルを温めてから中火で10分炒め、塩で味付けをした。
3. トマトペーストをピザ生地に敷いた後、一口大に切ったフレッシュトマトとチーズを並べて250度のオーブンで13分焼いた。
4. 焼いたピザにバジルを乗せ、塩を振ったら完成。

 

◯感想☆3.5点
バジルの香りは程良くトマトの甘さもあったが、塩味が少し足りず塩を再び振ったらバランスが取れましたが、塩加減は難しかったです。
モッツァレラは、加熱することでチーズが伸びるようになるのと歯ごたえのある食感がプラスされてました。
塩味をトマトソースに少し加えた方が、パンチがでて良かったのかなと思いました。

 

皆さんも家庭でピザを作って見ませんか?
生地は比較的簡単に作れますし、具材は冷蔵庫にあるものやお好みで選べるのが楽しいです。

コメント
コメントする